次回の予定は下をクリック↓↓

最新記事

最新コメント

プロフィール

ジャカルタお掃除クラブ

Author:ジャカルタお掃除クラブ
お休みの日の朝、ジャカルタのお掃除をしています。誰でも参加できます。目指せ!きれいで清潔な街。ポイ捨てはダメですよ~。

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャカルタジャパン祭り

お掃除クラブのみなさんへ、

ジャカルタジャパン祭り(9月29日開催モナスにて)の実行委員会のメンバーにお会いしました。
我々の活動を知り、是非一緒に協力して当日の清掃活動ができないかということでした。
このお祭りには、日本の環境省からJICAに派遣されている専門家の方が、3R活動と称してゴミの分別の指導を行っています。私も3年前のお祭りにこの3R活動のボランティアとして参加しました。
簡単に言うと、この3R活動とは細かくゴミを分別し、来場者にゴミをきちんと分別してそれぞれの分別ゴミの袋に捨てるよう指導をすることです。分別の種類は忘れましたが、確か5ツくらいに分かれていました。

このやり方を今年もやるのかどうかまだ確認できていませんが、お掃除クラブとしてもし参加するなら、我々が祭りの会場で何ができるかを皆さんからアイデアを頂きたいです。願わくば、祭りだけで終わらず、祭りで得た経験を我々の日々の活動に生かせていければいいと思っています。
祭りの清掃活動には、予算がつくそうです。普段、我々はお金がないので黙々とゴミを拾うことしかできませんが、この予算を利用して何かできないか考えたいです。皆さんの積極的なご意見お待ちしています。

もちろん、インドネシア人のメンバーにも伝え、彼らからのアイデアも募るつもりです。理想は、もし我々がこの活動を行うのなら、インドネシア人のメンバーに主導してもらい、日本人がサポートしながらついていくという形にしたいです。

今週、実行委員会とJICAの会合があるそうで、そこで今年の清掃活動の方針の説明を受けることになっています。内容は追って報告いたします。皆様よろしくご検討お願いします。

芦田



コメント

ちゃんと映ってますよ~。
JOCブログの初ダイレクト書き込み、有難うございます。

インドネシア語のブログにジャカルタジャパン祭りのことについて説明をしました。もしやることが決まれば、インドネシアのメンバーを我々がサポートする形で応援していきたいです。

参加するのであれば、3R活動(今年もやるなら)のお手伝いとして、JOCがいつものようにゴミを拾い、その場で分別をしたり、来場者に分別指導のお手伝いをするぐらいしか思いつきません。予算がおりてインドネシアメンバーが何か企画するのであれば、それを手伝うのは賛成です。先の話で日本人メンバーもその日に参加可能かどうか解らない方が多いと思います。又メンバーの人数からいっても、主導して何か行うのはまだ少し難しいのではと感じます。時間を決めて、交替でビラを配ったり、メンバー募集の受付をしたりするのが、現実的に無理のない範囲ではないかと思います。消極的ですみませんが、参加した場合に自分でも出来る事を考えてみました。

コメントありがとうございます。まだやると決まった
わけではありませんが、やるとなれば、インドネシア人メンバー主体と考えています。私がインドネシア人メンバーの意見を取りまとめ皆さんとの調整をします。お祭り実行委員会の方針が明らかになり
、その上でインドネシア人メンバーと話し合った結果を皆さんにお伝えします。

ブラックベリーのBBグループに10人のインドネシア人メンバーが参加して、活発な意見がやり取りされています。日本人の方でもBBをお持ちの方はPINナンバーを私までご連絡ください。追ってinvite致します。

そうですねぇ。

インドネシア人が主体になってやることには賛成です。
もちろん彼らに負担がかかりすぎない範囲で^^
せっかくのお祭りですから、ここらでイベント色のあるものを試すのも
いいかと思います。縁日祭より入場者も少ないようですし試金石には最適かも?
なるべく準備のいらない方法で考えると、先日買った
バリエコカルタを使ってミニカルタ大会はどうですか?
縁日祭のようにブースと机を用意していただけるのなら
出来るかと思います。テキストもインドネシア語だからばっちり。
4人くらいその辺にいる人に声かけて、
メンバーがルールを説明して読み上げるだけで済みます。
景品はあってもなくてもいいし。フダの紛失とかあるかもしれませんが、
使わないで終わるよりいいかなと。
楽しく日本文化にも親しめてエコな知識も身につくなんて、
楽しそうじゃないですか?(^O^)

カルタGood Ideaです。やりましょう!
ブースは確保するように実行委員にお願いします。この祭りは会場に入るのに入場券を買って入場します。なので、実行委員会にお掃除クラブのTシャツを買い取ってもらって、入場券にはTシャツがついているとかにすれば、会場は緑のTシャツで埋まる...こんなことも考えられますね。もしくは、今みんなが作っているお掃除クラブのロゴ入りゴミ袋でもいいかも。
お祭りの前の一週間は、いろんな会場でイベントが企画されるようです。Desiなんか環境のシンポジウムとか言ってた。凄いね。何でもいいから彼女達に考えてもらってできることやってもらいたいです。
お掃除の神の私はお掃除の女神のomr嬢と黙々とゴミを拾って歩きます。

ええと…

掃除の神様、落ち着いて…^^;
どうか私だけの意見一つで決めないでくださいね。。
カルタやるのはいいですがクリーンアップバリの宣伝をしたいわけでも無いので、
最後はJOCの活動紹介に持って行く必要はあるかと思います。
それと、Tシャツをやたら配るのは反対です。
実行委員に売りつけるのも何だか押し付けがましいし…(-。-;
趣旨もよくわからずゴミに関して意識が高いかどうかもわからない人たちにまで
Tシャツをただ着られても…という感じです。
ハデにパーっとやろうと焦らず(笑)、面倒でも手間がかかっても、もっと地道にいきませんか~。

では、落ち着きましょう。カルタのみならず基本的にはJOCの活動が認知されることが目的です。意見はどんどん出してください。もちろん、皆の考えを確認したうえでやるやらないを決めます。意見が割れたら私が責任もって決めます。結局、そうそう画期的なアイデアもないと思うし、やれることは限られているので、今まで通りゴミ拾いを大前提に、もしインドネシアメンバーが中心に何かアイデアが出てきてどうしてもやりたいと言えば、それをサポートする。これが基本ですかね。

私は面倒とかは思ってませんよ。ただあまりに地味になると逆に皆が離れていくかもしれないと少し危惧したことは認めます。でも、こんなゴミ拾いを黙々とやるボランティアに集う人は、地味な人達だろうから?大丈夫かなとも最近思っています。インドネシアでは、orang yg merawat lansia yg kembali seperti bayi dan membersihkan kotoran adalah hanyalah yg terpilih olehNyaというので。大丈夫かな...

面倒で手間がかかり地味なことは最初から覚悟していたので、望むところです。しかし、その一方で、何でも受け入れられる性格ですので、派手なことでもOKですよ(笑)

久しぶりに、しっかりと、インドネシア語の辞書を広げて勉強してしまいした。新しいことを始めるといろんなことに目がいくようになりうれしいです。

本来お掃除とは、ずごく地味なものだと私は認識してます。日本でも、3種、5種、9種とゴミに分別収集がおこなわれはじめてた10数年前は、同じ日本人ありながら、長く一緒に住んでいる同じ地域の人たちでも、意識を共有するのは長い時間がかかりました。まして異国の地で、、意識を共有しようというのです。国民性を考慮するのはもちろんだと思いますが、地道に地に足をつけて活動していけば、必ず目を向けてくれる人はいます。

いやにならずに、息を抜きながらも、芯を持った活動を続けたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jakartaosojiclub.blog.fc2.com/tb.php/62-37354c71

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。