次回の予定は下をクリック↓↓

最新記事

最新コメント

プロフィール

ジャカルタお掃除クラブ

Author:ジャカルタお掃除クラブ
お休みの日の朝、ジャカルタのお掃除をしています。誰でも参加できます。目指せ!きれいで清潔な街。ポイ捨てはダメですよ~。

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャカルタお掃除クラブが日本へ!

お掃除クラブが

「JOC goes to Japan. ~Melaja Budaya Bersih ala Jepang~(日本式お掃除文化の源流をたどる)」

をテーマに、日本へ行くことになりました!
国際交流基金さんの助成を受けることが、この度正式に決定致しました。
一介のゴミ拾いボランティアが日本へ行けるなんて夢のようで信じられない気持ちで一杯です。
日本では、私が卒業した東京都渋谷区立代々木上原小学校及び渋谷区立松濤中学校を訪問し、
お掃除の時間を体験します。
日本行きのメンバーの中には、お掃除クラブ設立当初から参加していた中学生二人(当時は小学生)も含まれており、
私が通った中学に体験入学致します。
そして、日本全国に広がるゴミ拾いボランティア「グリーンバード」との共同活動も行います。
また多摩川では、川の掃除にも参加する予定です。

帰国後は、日本での体験を活かし、ジャカルタの小学校にお掃除の時間を定着させる活動をしていきたいです。
昔は日本でも平気でポイ捨てが行われていたにもかかわらず、変わってきたのはどうしてか、
その理由の一つが学校のお掃除の時間にあると考え、
日本式お掃除の源流をお掃除クラブのメンバーに知って欲しいと考えています。
そして、日本でゴミ拾い活動をすることにより、今の日本でもゴミ拾いをやっている人達がいるということを知ってもらい、奇異な目で見られ、単調になりがちで、先の見えない我々の活動を継続させるにあたり、我々のやっていることは間違いないんだと、更なるメンバー達のモチベーションアップを期待しています。


ここに国際交流基金アジア総局長小川忠氏が書かれた文章の一部を紹介します。

「お掃除クラブの創設者たちも、日本社会に深く根付いた価値観、文化として清掃活動を紹介したいと考えたということから、同クラブの活動には、日本的価値に根差した日本文化紹介という側面があるとも言えるだろう。しかし、ここで考えられている「日本的価値」とは、閉鎖的、固定的な文化概念ではなく、インドネシアでも「インドネシア的価値」となりうる普遍的、開放的な概念なのであり、文化の共有、もしくは共通文化の創造といってよいかもしれない。」


日本の義務教育を終えた日本生まれ、日本育ちのインドネシア人の私にとって、
日本的価値を追求し、インドネシア的価値へと変貌させていくことは、
まさに私が夢の夢としていたことであり、身の引き締まる思いでいます。
ましてや、私の人格が形成された幼少期、少年期に通った学校に
お掃除クラブのメンバーを引き連れていくことは、万感胸に迫る思いで一杯です。

 今回の日本行きにつき、お掃除クラブの設立メンバーであり、日本へお帰りになった元お掃除クラブの日本人の方々が東京でジャパンお掃除クラブを設立していただき、我々の受け入れに奔走され、多大なサポートを賜りました。
ここに深く御礼申し上げます。

 また、こんな素人の集まりの団体にご注目頂いた国際交流基金の皆様には帰国後、日本での体験を活かした活動を通して、我々の使命を少しでも具現化させて、恩返しとさせて頂きたいと思っております。プレッシャーのかかることではありますが、お掃除クラブ一同しっかりと使命を果たすべく、力一杯頑張りたいと思っております。
ありがとうございました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jakartaosojiclub.blog.fc2.com/tb.php/281-a52c57a0

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。