次回の予定は下をクリック↓↓

最新記事

最新コメント

プロフィール

ジャカルタお掃除クラブ

Author:ジャカルタお掃除クラブ
お休みの日の朝、ジャカルタのお掃除をしています。誰でも参加できます。目指せ!きれいで清潔な街。ポイ捨てはダメですよ~。

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごみかいじゅうの紙芝居活動に参加して

ごみかいじゅうの紙芝居活動に参加した感想を、
お掃除クラブメンバーの母子が書きました。


<母>
3月27日、お掃除クラブの紙芝居活動に娘と参加しました。
スティアブディの高級ホテルの裏にある2m×8mほどの長屋の小さな幼稚園。
竹で作られた屋根の下に、約20人ほどの可愛い子どもたちが集まっていました。

早速紙芝居開始。迫真の紙芝居に、子どもたちは最後まで集中して聞いていました。
パソコンやスマホ等で映像やゲームを見ている子どもたちが多い中、
次にどんな場面が出て来るのかなとワクワクし、
読み手の声色に一喜一憂する時間。
こういう昔ながらの紙芝居という手法は本当にいいものだなぁと感じました。

先日4月3日のコラム「火焔樹」にもありましたが、
Kotor(汚い)村でごみを食べて病原菌をまき散らす「ごみかいじゅう」をやっつけるにはどうしたらいい?
の問いかけに子どもたちから返って来た答えは「ウルトラマンを呼ぼう!」でした。
そこで私が思った事は、悪者を退治するヒーローが現れるのを待つのではなく、
「ごみはゴミ箱にすてる」ということは一人一人の力や心がけで出来る事であって、
君たちが悪者を退治するヒーローになる事ができるんだよ!ということ。

子どもの身近な手本は私たち大人なので、一緒にいた先生達にもぜひ実践して欲しいなと思いました。
誰かがやってくれるのではなく、小さな行動で自分達の周りが綺麗になり、それが街全体に広がる。
しかし活動後、アイスを買っていた子どもたちが、
その包み紙をポイ捨てしていたと後で友人から聞いてがっかり・ ・・。
「三歩進んで二歩下がる」かもしれないけど、少しずつでもジャカルタの街が綺麗になり、
洪水の原因にもなっているポイ捨てがなくなる日が来る日が必ず来ると信じて、
これからもインドネシアの人たちと一緒に、地道な活動を家族で続けていきたいと思っています。

<娘(小学3年生)>
スティアブディのようち園に行きました。
と言っても、やねが草やねで、わたしの家の台どころくらいの広さのとてもせまいようち園でした。
そこで紙しばいをしました。みんなわらってくれたのでよかったです。
インドネシアの人たちはゴミを道にポイすてします。
そして、ジャカルタの町がどんどんきたなくなっていきます。
わたしは紙しばいを見て、やっぱりゴミはぜったいに道にすててはいけないとあらためて思いました。
少しでもジャカルタの町がきれいになればいいなと思っています。
みなさんはどう思いますか?
ぜひおそうじくらぶにさんかしてみて下さい。


Ibu.
Tgl 27-Maret, saya bersama anak saya meninjau sebuah TK di Jakarta. TK itu terletak di tepi gedung apartmen mewah di daerah Setiabudi. Besarnya TK hanya 2m X 8m. Di bawah atap yg terbuat dari bambu, anak anak yang mungil sudah berkumpul kurang lebih 20 orang.
Mulailah "Raksasa Sampah". Anak anak terpaku melihat si dalang yg membawakan ceritranya sampai pada tamat dengan penuh konsentrasi. Saya berkesan wayang kertas (ceritra gambar) seperti ini adalah baik untuk anak anak di tegah masyarakat dewasa ini yang mana computer dan smart phone melanda dunia anak anak. Karena anak anak menantikan dengan deg degan sambil mendebarkan jantungnya adegan gambar berikutnya dan silih berganti perasaan sedih sedih dan gembira.
Saya baca sebuah artikel di surat kabar yg ceritanya tentang gambar cerita ini. Ketika bertanya kepada anak anak bagaimana caranya berantas si jahat(Raksasa sampah), lalu jawabannya "panggil Ultraman!" Saat itu saya berpikir sebenarnya yang penting bukanlah menunggu datangnya seorang HERO/PAHLAWAN untuk berantas kejahatan tetapi sesungguhnya
kalianlah yang menjadi pahlawan untuk membrantas kejahatan, jika masing masing sadar dan memiliki kebiasaan kecil bahwa buang sampah pada tempatnya dan jangan buang sampah sembarangan.
Yang menjadi contoh adalah kaum dewasa termasuk saya.
Maka para guru yang ikut menonton bersama diharapkan memperlihatkan contoh yang baik bagi anak anak. Gerakan kecil pun mempengaruhi sekeliling kita dan kota kita akibatnya bersih.
Namun demikian, di kemudian hari saya dengar dari teman saya, anak anak buang begitu saja plastic es krim di jalanan. Memang kecewa dan istilahnya maju 3 langkah mundur 2 langkah. Akan tetapi saya percaya melalui usaha kecil seperti ini kota dimana kita huni akan menjadi kota yang bersih pada suatu hari nanti...Saya tetap melakukannya.

Anak(klas 3 SD)
Saya kunjungi TK di Setiabudi. Tapi atapnya rumput dan luasnya hanya sebesar dapur di rumah saya. Main gambar cerita Raksasa Sampah di situ. Saya senang sekali karena tertawa tawa si anak anak. Orang orang Indonesia buang sampah sembarangan di jalanan. Kota Jakarta makin kotor gara gara itu. Saya yakin samapah tidak boleh buang begitu saja di jalanan. Itulah kesan saya sesudah menonton Raksasa Sampah. Saya berharap kota Jakarta menjadi bersih walaupun sedikit demi sedikit. Bagaimana pendapat anda? Mari bergabung Osoji club bersama sama.

10168214_860218900662000_4624705176253962694_n.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jakartaosojiclub.blog.fc2.com/tb.php/167-0f255ede

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。