次回の予定は下をクリック↓↓

最新記事

最新コメント

プロフィール

ジャカルタお掃除クラブ

Author:ジャカルタお掃除クラブ
お休みの日の朝、ジャカルタのお掃除をしています。誰でも参加できます。目指せ!きれいで清潔な街。ポイ捨てはダメですよ~。

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴミ拾い後の出来事

ジャカルタお掃除クラブの皆様

メンバーの方から頂いたメールです。
貴重なご意見です。ご参考までに。



以下

お疲れさまでした。

私はゴミ拾いをした後、青年スポーツ省でのスポーツフェスティバルに招待客として参加してきたのですが、この会場でも競技をおこなうコートに平気でペットボトルや食べた残りをすてたり、また、競技する人もゴミをどかすどころか足で蹴ったり、踏みつけたりしてました。あまりに目につき耐えられずに私が黙ってコート内のゴミを拾っていたところ客にそんなことをさせてはいけないと思ったのか、マイク放送で「一人一個のゴミを今から拾いましょう」と、競技を中断させ、ゴミ拾いをみんなで始めました。そして競技責任者やスタッフに「ありがとうございます」お礼を言われました。そして「恥ずかしい」とも。
コート内はもちろん競技場全体のゴミがなくなり、きれいになった場所にみんな座りはじめました。「これなんだよな~」と思いました。

提案です。ジャカルタ新聞は日本人だけの新聞です。インドネシアの人が読むこちらの新聞やメディアに報道してもらってはいかがでしょうか?ただ拾っているだけでは「なんで拾っているのだろう」としか見られない。日本人がこの町をきれいにしたいと言う気持ちは言わないとわからないと思います。こちらの人には。

コンベションセンターにはよく行きますがそれはそれはゴミが多いです。(特に道端)
覚悟して行った方がよいと思います。

地道にかつ公にみんなでインドネシア人の精神に「ゴミはすてない」の言葉を植え付けてやりましょう。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jakartaosojiclub.blog.fc2.com/tb.php/10-14fdd36d

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。