次回の予定は下をクリック↓↓

最新記事

最新コメント

プロフィール

ジャカルタお掃除クラブ

Author:ジャカルタお掃除クラブ
お休みの日の朝、ジャカルタのお掃除をしています。誰でも参加できます。目指せ!きれいで清潔な街。ポイ捨てはダメですよ~。

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定期活動がはじまるよ~~

独立記念日及び、レバラン休暇を終えて、定期活動が始まります。

第13回お掃除クラブ 9月2日(日曜日)8:00~
スナヤン ブンカルノ リングロード(前回と同じ場所です。)

さてその前日

9月1日(土曜日)10:00~
スナヤン競技場近くの ホテル アトレットにて


久しぶりに会う皆さんと親睦を深めたいと思います。活動日ですと、一生懸命ゴミ拾いに精を出してしまう日本人の良い傾向で、ゆっくりお話する間もなく、活動終了となってしまうので、前日の土曜日に時間を設けてみました。活動に関する意見交換でももちろんいいのですが、日頃感じている、インドネシア生活なんかも話せると楽しいですよね。インドネシア人の方も参加なさると思うので、バハサを話すいい機会になるかもしれません。硬く考えずに気軽にご参加ください。
Hotel Atlet Century Park
TEL (021) 571-2041 JL.Pintu Ⅰ,Senayanです。


フェイスブックもまた、新しい情報が入ってます。是非ご覧ください。ゴミ箱デザイン投票(?)もあるみたいです。  

また、皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

文責:onosato

スポンサーサイト

英語版 JOC活動紹介&JOCの始まり「じゃかるた新聞の記事」

先日、コメント欄に英語でのJOCの活動紹介をリクエストしていただき、有難うございました。
大変遅くなりましたが、英語版の用意ができましたので、ぜひご活用ください。
又、メンバーの方や、まだ未参加の方でも、JOCの活動を英語でお知らせする機会がありましたら、どしどし拡げていただけるよう、お願いいたします。

以下、JOC活動紹介と、JOCの始まりになった芦田さんの記事「じゃかるた新聞 火焔樹(2012年4月7日掲載)の英語版です。

こちらからダウンロードや印刷することもできます。
Introduce
Jakarta shinbun Kaenju


*****
Introduce

Jakarta Osoji Club (JOC) is an organization that is concerned with the cleanliness of the environment. JOC was founded by Tsuyoshi Ashida, a Japanese foreign citizen and invited Japanese who residing in Indonesia to jointly create a cleaner environment. The majority of foreigners who live in Jakarta feel that this city is one of a dirty city among Asian countries. To clean the city is actually not the responsibility of foreigners who live in Jakarta, but if our actions will give positive impact and encourage the Indonesian to care about the environment then we are willing to pick up garbage in this city. Our vision and mission is to create a clean city and increase public awareness to care about the environment.
Every week we organize activities picking up trash at the Bung Karno studium in Senayan started at 08.00 am until 10.00 am. Until now, JOC has approximately 50 members from Indonesia and 46 members from Japan, and we are very pleased that our activities can encourage the hearts of the people who see it to participate picking up garbage around them. We are grateful to all members of the JOC who have given time to pick up trash and we believe that one day Jakarta can be a clean city.
Besides picking up trash, JOC is often asked to assist in the activities of the festival are often held in Jakarta, such as Enichisai festival that was held on June 30, 2012 and the Jakarta Japan Matsuri to be held at the National Monument on 30 September 2012.
For those of you who want to know our activities can be seen on our blog, www.jakartaosojiclub.blogspot.com and www.jakartaosojiclub.blog.fc2.com, www.facebook.com/JakartaOsojiClub or follow our twitter @JKT_osojiclub.

jocjuly4


*****
Jakarta shinbun Kaenju
dated April 7 2012 「Jakarta Osouji Club」by Tsuyoshi Ashida

We can’t use the words "Jakarta is a clean city" as a compliment, because in reality there is a lot of garbage in this city. And many people who casually littering the roadside. We also often see people throwing garbage on the road of in his car.

Thousands of people gathered in a presidential campaign event in times of election a few years ago. And after the show ended, the venue is transformed into a mountain of garbage. If only, the candidate perform actions such as picking up trash, is certainly a good thing. But unfortunately, she even rushed into the car and went home. I’m not want questioning "why did they do it?", Or "why did it happen so?", But I want to say in this column if there are readers who want Had the Jakarta into a clean and beautiful city, I invite you all to create an association to clean up Jakarta together.

When asked "how do I clean and remove all garbage in Jakarta?" I honestly don’t know. However, when the strangers come together, and then echoing the slogan "Jakarta clean!", together cleaning the street, walking while picking up trash, and then one day, our activities will be covered by mass media of Indonesia, and continuously have appealed to the citizens. Maybe they will be moved if they see a stranger who works hard to make Indonesia into a net. Perhaps it would be foolish to suppose this movement will seep into the hearts of the people. Does not matter who is burdened with the responsibilities, or who take the initiative first. But here I want to challenge you all, that it is possible though unlikely that this would be great.

Therefore, is there any people who want together to do this with me? If anyone is interested please contact me. I think we'll start with clean-up activities at the curb in a particular place for an hour.
If you have any questions, please contact me at 0811-801-801 or via email ts_ashida@yahoo.co.jp

Arthur is a contributor of Flame tree of Jakarta shinbun

以上です。
(upload担当omt)

myお掃除クラブレポート

joc12081
メンバーのonosatoさんのまねをして、私も1人お掃除クラブしてみました。
現場はこちら。家の近所の、運送会社のようです。


joc12081
掃除する人が居ないようで、無法地帯です。


joc12081
依頼主は、こちらの若き住人。


joc12081
毎朝、少しづつ拾ってみましたが、、


joc12081
アンビリーバブルなので、ついにトングを振り回しました。


joc12081
ああ~。すっきり。


joc12081
早朝なので、人影なしと思ったのですが、道のおじさんに見つかりました。
「何拾ってるの?」
「ゴミです」
「ええっ?! でも臭いでしょう?」
「はい、猫もバウ~と言ってます」
「ふ~ん。ありがとね。」
テリマカシ、いただきました。


joc12081
ちょっと清潔になった食堂ですが、あっというまに元の木阿弥になる、恐ろしい地帯であります。。

注)のら猫さんにむやみに餌をあげるのはその数を増殖させ問題を大きくすることがあります。
見かねて与える時は、自分がどこまで責任を持てるかよおく考えてみましょう。
慣れている子は捕まえて、不妊手術をして基の場所に戻してあげるという方法もあります。
「猫の神さま」ならず、「猫の下部」がお手伝いしますので、聞いてくださいね。

以上、勝手に自己活動の宣伝しました。お掃除もしたから許してください~。
(omt)

ルバラン

JOCの皆様明けましておめどとうございます。
インドネシアの大多数の人にとっては、今日はとてもおめでたい日です。
朝起きるとまず真っ先にすることは、広場で行われるお祈り。モスクでも行われますが、通常は、屋外のスペースで行われます。そしてお祈りが終わると、お祈りに参加した人たちとお正月を無事迎えられたことを喜びあい、見知らぬ人同士でも抱き合い、感謝を表します。この後家に戻り、子供たちは親の前に膝まづき、頭を垂れて、親への感謝の気持ちを表します。インドネシアの人が一年で一番純粋な気持ちになる瞬間です。そして、お正月のご馳走となります。お年玉もあります。御餅もでてきます。新しい洋服で親族やご近所さんを向かえ新年の挨拶を交わします。日本の古き良きお正月と変りません。皆さんも、インドネシア人の友人がおられたら、是非挨拶をするといいと思います、とても喜ばれます。
私はイスラムではありませんが、小さな頃からこんな光景を目の当たりにして、このお正月の良き慣習にまつわるエッセンスは自分に取り入れています。

インドネシアにはおめでたい日がたくさんあります。イスラムだけではなく、すべての宗教の行事が尊重され、それぞれの信仰に基づき、お祝いをします。あまり宗教に関係ない日本人とよく言われますが、いろんなものを取り入れてしまうところが日本人の良いところと思います。(批判する人もいますが)初詣に行く感覚で、ジャカルタに残っておられる方は、近くのモスクにぶらっと行ってみるのも、この際いいチャンスかもしれません。

ジャカルタジャパン祭りイベント企画

レバラン休暇真っ最中ですが、メンバーのデシより、ジャカルタジャパン祭りの企画が送られてきました。
DWOさんより日本語ヘルプも頂きましたので、要点をまとめてみました。
これはインドネシアメンバーが中心となって企画運営しますが、予算が必要になりますので、皆さんのご意見をどしどしお聞かせください。9月1日(土)のミーティングで最終決定をしたいと思います。
又、このイベント活動に日本人メンバーが少しでも参加できれば、メンバーの交流のためにも非常に嬉しいことと、デシよりメッセージもいただいております。

イベントの企画は3つあります。

●お祭り出店スタンド、どこがきれい、どこが汚い大会! 
【担当】デシ(代表)、アルベルト、写真係を含む5人
【概要】お祭りに出店しているブースを調査し、一番きれいなスタンドと、一番きたないスタンドを選定する。
10時、13時、16時の3回に分けて、各出店スタンド周辺の清掃状況を評価する。
評価内容は、清潔さ(スタンド周り、ゴミ箱状況、机や道具の整頓)、整頓(テント、机椅子の位置、ゴミ箱の位置)、美しさ(スタンドの構成、アクセサリー等、) により採点する。
【見積予算】プラカード作成費用 RP.250.000

企画書オリジナルはこちら
Perencanaan Pelaksanaan Lomba Kebersihan Stand


●JOC子供お絵かき大会
【担当】サラ(コーディネーター)、ヌルル、ファレ、他
【概要】9つの小学校(Yayasan Buddha Tzuchi (Elementary School). SDIT Harapan Ibu, SDN 07 Pagi, SDN 08 Petang, SD Yasporbi I, SD Yasporbi II, SD Bhayangkari, SD Labschool Rawamangun, SD IKKT)に招待状をだし、4~6年生を対象に「きれいな私のジャカルタ」をテーマに絵を書いてもらう。1学校につき最大3点の出展をいただく。
招待状は8月27日までに発送、絵の出店締め切りは9月20日とする。
審査項目は、テーマ、オリジナリティー、イマジネーション、個性、色使いにより評価し、入賞1~3位を表彰する。
【見積予算】
学校への招待状の発送@RP.10.000×9学校=RP.90.000
入賞トロフィー@RP.30.000×3=RP.120.000
表彰状作成 RP.30.000
JOCTシャツ×3枚=RP.90.000
計 RP.330.000

企画書オリジナルはこちら
JOC Drawing Contest for Kids-1


●プラザセナヤン写真展示
【担当】ブディ(代表)、レニ、リンリン、ズー、他
【概要】プラザセナヤンにて9月23日~9月29日(予定)にJOCの活動写真を展示する。
9月16日に写真の額縁を製作する(場所未定)。
この際に、日本人メンバーに参加してもらい交流を図りたい。
【見積予算】写真プリント代、両面テープ、段ボール、包装紙などにRP.360.000
(ラミネート、ウーステッド(?)、画鋲、マスキングテープ、はさみ、飾り用の紙、のり、段ボールなどは
皆で持ちよる)

企画書オリジナルはこちら
Perencanaan Pelaksanaan Pameran Foto

以上3つのイベントにかかる見積予算は合計すると、RP.940.000 となります。
皆さまのご意見、アドバイス等はコメント欄にお願いします。
(文担当om)

今月の活動は終了!次回は9月2日(日)です!

JOCの皆様へ!

今月の活動は、プアサも残り僅かとなり、インドネシア人メンバーのプアサを行っている人にも疲れが見え始めたことや、ルバラン休暇もあることから、本日で最後としまた。

再開は、9月2日(日)スナヤン競技場です。インドネシアではお正月明けとなりますので、心機一転がんばりましょう!

9月1日(土)スナヤンセンチュリーアトレットホテル午前10時より、JOCの運営についてミーティングを開催したいと思います。
ジャパン祭り週間中のプラザスナヤンでのイベント開催、9月30日の祭り(モナス)本番でのお掃除クラブの参加など、インドネシア人メンバー(実行委員長=デシーちゃん)がいろいろなイベントを企画しています。

我々は彼らの縁の下の力持ちとして、できることをサポートしていきたいと思いますそこで、皆様にお集まりいただき、サポート体制その他今後の活動の頻度、活動時間諸々ご意見を賜りたいと思います。
ご都合がよろしければ是非お集まりください。

よろしくお願いします。

日本の”G30”を紹介

JOCインドネシアブログにて、横浜で行われている”G3O(ゴミゼロ)”運動のことが載っています。

じゃかるた新聞に、南十字というコラム欄があります。
そこには、JJSの生徒たちが書いた作文が載ってます。
日本との違いに戸惑いや、驚きをもってインドネシアで生活している姿が綴られています。
先日、ゴミの話題がでていました。
それをインドネシア語に訳してJOCインドネシアブログに載せてくれたようです。




参考までに・・・・

「ヨコハマG30とは?」


平成22年度における全市のごみ排出量を13年度に対し30%削減する「横浜G30プラン」の目標達成に向けた、減量・リサイクル行動のことです。 平成18年度には、取り組みをさらに進めるため、目標を35%削減に上方修正して、さらに高い目標に挑戦しています。
 Gomi(ローマ字のごみ)Garbage(英語のごみ)Genryou(ローマ字の減量)30(ごみ削減目標の30%)


www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub.../g30/index-3r.html



文責:onosato私の名前を入れず投稿してしまい、皆様のご心配をおかけしたことをお詫び申し上げます。

第12回お掃除クラブ活動

第12回の活動は、8月12日(日)、8:00より
 スナヤンブンカルノ競技場・リングロードです。

photo_gbk1



尚、第13回の活動は、9月2日(日)となります。2回お休みとなりますのでよろしくおねがいします。

お掃除クラブオリジナルTシャツ
まだ在庫あります。

S、M、L、XL に加えて、お子様用サイズが増えました。
一枚30.000ルピアです。活動当日、現地にてご購入ください。
広い場所でお金の受け渡しをするので
なるべくリスクを、避けるために、
希望の方は、あらかじめご連絡いただけるとありがたいです。

こちらのコメントに、どうぞ購入希望サイズ・枚数を書き込んでください。

緑のTシャツが、リングロードを埋め尽くす・・・なんてこともあるかもしれませんね。
では、また、さわやかな朝を共にしましょう。



グリーンTシャツを着て

グリーンTシャツの集団

二週間ぶりに、メンバーとお掃除をしました。活動拠点となったブンカルノ競技場リングロードです。プアサ中であるためか、人出はすくないほうでしょう。しかし、ラマダン月中盤になって、初旬のときより運動をしている人はやや多い気がします。

今日は、お子様サイズ用Tシャツもご用意できました。専用カートに載せて、いざ出陣!

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。